ゲーミングPCをWindows10にするメリット・デメリット

Windows10にアップグレードする影響

Windows10が公開され、アップグレードしたほうが良いか悩んでいる人も多いと思います、とくにPCゲーマーは自分がプレイしているゲームが快適にプレイできるかが気になるところだと思います。
Windows10にアップグレードした場合、どのような影響があるのか?考察してみます。
まず、Windows10へのアップグレードについてですが、現在windows7や8及び8.1の該当するバージョンを使用している人は、1年間無償でアップグレードが可能です。
あくまで【可能】であるので【しなければならない】わけではないので、しない選択肢もあります。
また不具合があった場合には、ダウングレードも可能です、しかし注意しなければならない点もあります。
・アップグレードから31日以内であること
・新規のユーザーアカウントの追加はしないこと
・復元用のファイル(windows.old)を削除しないこと
・windows10のPCのリフレッシュ/リセットをしないこと
などの条件がありますので、やはり安易なアップグレードは後悔をうみかねませんので、よく考える必要があります。
とくに高性能なFPS向けゲーミングパソコンを使用するうえでは、自分の使用しているゲームばかりでなく、グラフィックボードや接続機器がWindows10に対応しているかどうかも大事なところです。
これは使用している機器のメーカーで各々で調べていただくしかありませんがnvidiaなどでは対応ドライバなどをDLできるようになっております。
やはり、手間がかかってしまうので、自分で『よし!windows10をインストールするぞ!』と意気込んで丸一日潰すくらいの覚悟があってからでないと少々辛いかもしれません。
現状、Windows10にOSを移行して動かないPCゲームというのは、あまり報告がありません、セキュリティソフトやMSI Afterburnerをオフにしたら動いたなどの報告もありますので、所為色々と検討すれば動かないということは無いようです。
ただ、やはりそういった様々な影響がある心配が多くあるので人柱的なことを自分がしたくないのであれば、いまだ手を出すには時期が早すぎる印象です。

PCゲームなどで使い勝手は良い?Windows10のキャプチャ機能

PCゲームをプレイする上で、Windows10はどれほど有能であるのでしょう?
まだWindows10にアップグレードするのは若干躊躇われるところがありますが、Xboxのゲームが出来たりと、ゲーマーには気になるメリットもあります。
また、実況プレイや、スクリーンショットなどを撮っての、ブログやSNSへのアップなんかも魅力的ではあります。
そこれWindows10についているキャプチャー機能はどれほどゲーマーにとって嬉しい機能なのでしょうか?
Windows10の機能の中には、Game DVRという機能があり、Xboxのゲームを 録画したりできる機能です。
しかし、実はこの機能XBOXのゲーム以外でもスクリーンキャプチャとしてしっかり作動してくれます。
Game DVRもwindowsキー+キーボードのGを押すとキャプチャしてくれるのですが、これと同じ事がスクリーンキャプチャとして使用可能です。
ただし、共有化すると、このゲームは認識不可能なので共有できないと出てしまいますが、画像を保存するフォルダには画像として保存されているので、ブログなどで使用可能です。
この機能を使えば、いちいちスクリーンキャプチャを起動させて〜、などの手間が必要ない部分では便利だと思います。
とくに過去のスクリーンショット撮影だと、いちいちスクリーンショットを撮影し、画像をペーストして保存、なんて手間がありましたし、なにより専用のキャプチャソフトを購入しないでよいのは嬉しいことです。
ただ、まだwindows10に抵抗があるという人は、この機能にどこまでのメリットを見出せるかわかりませんが、アップグレードの参考になればと思います。